タイヤの寿命は走行距離やタイヤの種別によって異なります。もちろん外的要因でのパンクも起こりえますが、ゴム製のタイヤは経年劣化が進むことから、メーカーではタイヤの消費期限を4~5年ほどとしています。そのため、一見問題がなさそうに見えるタイヤだとしても、きちんとメンテナンスを受けることが必要と言われています。ただしメンテナンスに行かなくても、タイヤの溝をセルフチェックすることで交換時期がわかります。

夏タイヤの場合は、残っている溝の深さが1.6mmになってくるとスリップサインと呼ばれるマークが表れます。このマークが一カ所でも現れた場合は、対象のタイヤを装着して運転することが禁じられています。また、冬のスタッドレスタイヤも同様に溝の深さが1.6mmまでとなりますが、プラットホームと呼ばれる突起が新品時と比べて50%摩耗しているとスタッドレス性能の寿命と言われています。これらの症状が確認出来た場合は、すぐにタイヤ交換を依頼しましょう。

価格を安く抑えるなら、その場でタイヤを購入するよりも持ち込みがおすすめです。インターネットで安いタイヤを購入し、持ち込み可能なお店を探しましょう。中にはタイヤの種別によって交換不可の場合や工賃が高額になることもありますが、多くのカー用品店やタイヤ専門店、ガソリンスタンド等で交換することが可能です。特にカー用品店では安価なサービスを提供していることから、タイヤ交換するまでに待ち時間が発生する場合があります。

そのため予約をしてから行くと安心です。安全にカーライフを楽しむためには、定期的なメンテナンスが重要です。車の維持費を少しでも安くするために、タイヤ交換の際は持ち込みを検討してみてはいかがでしょうか。