持ち込みによるタイヤ交換が珍しくない今の時代では、ディーラーやガソリンスタンド、カー用品やタイヤ専門店などあらゆる交換先が存在するようになりました。しかしどこでも対応してもらえるばかりではなく、持ち込みのタイヤ交換自体が不可となっているお店もあれば、タイヤの種類やサイズによって対応していないところもあるので気を付けなくてはなりません。同じチェーン店やメーカーでも店舗により持ち込みのタイヤ交換が許可されている店舗もあれば、不可のところもあるのでチェックしておくようにしましょう。店舗により設備や器具に違いがあったり、チェーン店の場合にはフランチャイズ店があることにより、対応の有無には違いがあります。

タイヤによる違いだけではなくお店により料金には必ず違いがあるので、あらかじめ相談したり持っていくタイヤのサイズや種類など伝えておくと対応してくれるかや料金に関してある程度理解することができるようになります。金銭面の違いを比較すると、安いところを選びたいと考えるの当然なことですが、高額な費用が必要なところは高い技術力や保証があったりサービス内容が充実している傾向にあるので、一概に安さだけで判断するべきとは言えません。タイヤ交換で持ち込みを選ぶ場合には、金銭面の負担を軽減させたいと考えているケースが多いですが、持ち込むことによる追加費用が発生するケースもあるので事前に問い合わせて細かな点まで確認しておきましょう。