タイヤの交換をする自動車は多いですが、冬タイヤから夏タイヤに交換する場合と逆に夏タイヤから冬タイヤに交換する場合を考えると最低でも1年に2回は交換する人がいます。タイヤ交換をするにあたり、過去にすでに自分たちでタイヤを購入しているとすれば、持ち込みになるでしょう。持ち込みのタイヤ交換は、一体どれぐらいの時期に予約を入れておいたらよいでしょうか。基本的に持ち込みのタイヤ交換は、場所によって予約のタイミングが異なります。

例えばガソリンスタンドとディーラーを比べた場合、ディーラーの方が予約が埋まっている可能性が高いです。なぜなら点検と同時に、タイヤ交換をする人がいるからです。つまり単独で交換してくれると言うよりも、点検等の予約がたくさん入っているためタイヤ交換だけのお客さんは予約を取りにくくなります。ちなみにこの点検は、半年位前から予約を入れることができるため、よほど早い段階で予約を入れなければ交換してくれないでしょう。

ただ閑散期の場合には、1週間ぐらい前に予約をすれば交換してくれる可能性があります。もしガソリンスタンドや、近くのカー用品店でタイヤの交換をする場合は、3日位前から申し込みをすれば充分です。場合によっては、その日のうちに申し込みをしても問題ないケースが少なくありません。基本的に、ガソリンスタンドであってもカー用品店であっても、専用の機械が用意されています。

普通の人ならばジャッキアップしなければいけないところを、専用の機械で持ち上げるためあまり時間はかかりません。