自動車のタイヤは消耗品ですのでいずれは交換しなければなりませんし、また降雪地帯であれば冬になるとスタッドレスタイヤに交換するということもあるため、タイヤ交換というのは身近な車のメンテナンスといえます。一方でタイヤ交換は個人でも行うことができるものですが、ほとんどの人の場合にはお店でやってもらうことになるものです。タイヤ交換を行ってくれるお店としては、カー用品店やタイヤ専門店、またガソリンスタンドやディーラーや自動車整備工場が選択肢として考えられるものです。この時にポイントとなるのはすでにホイールにはまっているタイヤを交換してもらうか、新しいタイヤを購入しホイールにはめてもらって交換してもらうかといった選択肢があります。

基本的にスタッドレスのタイヤ交換では持ち込みで行うのが一般的ですから、持ち込みをして取り付けを行うのは可能です。ただディーラーや自動車整備工場ではそれだけというのは、整備士のスケジュールの都合もありますから単なる交換だけであればカー用品店やタイヤ専門店がベターになります。また新しいタイヤに交換する時に、通販などで購入したものを持ち込みでホイールにつけてもらうというサービスも行なっているお店があり、それらの場合には取り付けにかかる費用がちゃんと明示されています。作業時間そのものは1時間以内で終わるのがほとんどですが、大きなタイヤになるほど難しくなるので時間がかかりますし費用も増えるものです。