バイクに乗る人は減っています。一昔前と比べると自動車を好むひとが多く、若者に至っては免許を取得せず車すら必要ないというひとが増えています。確かに2輪の上、生身で運転し店頭の可能性もあることから危険性があると思われます。その一面があるからこそ、免許取得には何時間にもわたる教習があるのですが、それでもバイクの需要は現象しています。

学生や社会人の通学、通勤手段として原動機付き自転車は未だ数多く利用されていますが、50ccではあくまでも1人乗りの上、法廷速度30キロという制限の中走行しなければなりません。車と同じ道を走りながら車の半分の速度では非常に危険だと言う声もあります。しかし近年主に社会人の通勤などに頻繁に利用される小型バイクがあります。50cc以上125cc未満で高速道路には乗れませんが、二人乗りが可能で法廷速度は車と同じ速度で走ることができます。

また車検もなく、管理が陸運局でなく市町村に当たるので税金の安さや手続きの簡単さが人気となっています。ナンバープレートは黄色かピンクで識別され一部の駐輪場では室内で停められる場所もあるなど比較的オールマイティーなシーンで活用できます。通勤通学中についうっかり法廷速度を超えてしまったり、原付きでは誰かを迎えに行くこともできませんでしたが、その点は小型バイクであればカバーできます。バイクは危険と思い懸念しているひとも小型であれば日常に密着して便利な移動手段として活用できると言えます。